Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

御挨拶

磐田市長
渡部 修

70年の歴史に思いを寄せて

磐田市立総合病院の開設70周年にあたり、開設者としてごあいさつを申し上げます。

当院は、開設以来、磐田市及び近隣市町村にお住まいの方の健康の拠り所として、さらに近年は、より専門的で良質な医療を患者に提供するための「急性期病院」として、中遠地域の皆様に安心していただける病院を目指してまいりました。

また、地方における医師、看護師等の不足による医療サービスの低下が喫緊の課題となっている中、住民の皆様に不安を与えてはならないとの思いから、開設者として人材確保を積極的に支援してきたところです。

さて、これまでの当院の歴史を振り返りますと、戦後間もない昭和21年に陸軍病院を継承する形で前身となる国民健康保険組合立磐田病院が開設されました。そして、昭和27年に、磐田市立磐田病院として国府台に開院した後、平成10年に現在の大久保に移転し、総合病院としての機能を整備しながら現在に至っております。

その間、医療の充実のため、様々な改善に取り組んでまいりましたが、特にこの10年は、地域周産期母子医療センターとしての指定と開設、救命救急センターとしての指定、さらには地域がん診療連携拠点病院として中東遠地域で唯一国の指定を受け、高度ながん医療の提供が可能な最新機器が設備され、腫瘍センターも設立されました。
また、地域医療支援病院の指定も受け、その結果、自治体病院として全国でも非常に高い評価をいただくまでになりました。 これらは、病院職員の努力の賜物であることはもちろんですが、同時に地域の皆様の深いご理解とご支援があってこその結果であると感謝しております。

今後、さらに高齢社会が進み、医療の重要度は益々高まってまいります。そのような中、救急医療と高度医療に特化した総合病院として、当院には今まで以上に大きな期待が寄せられます。 その一方で、住み慣れた地域でいつまでも暮らしていけるように、地域包括ケアシステムを構築していくことも重要となります。これらに対応し、地域の皆様の生活と安心を支えていくことも総合病院としての当院が果たすべき役割であると認識しております。

笑顔があふれ、住んでいてよかったと思っていただける磐田市となるよう、病院職員とともに、引き続き地域の皆様に親しまれ、信頼される病院を目指してまいりますので、今後も温かいご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


磐田市立総合病院 磐田市病院事業管理者 北村 宏
磐田市立総合病院
磐田市病院事業管理者
北村 宏

開設70周年に寄せて

当院は昭和21年5月に国民健康保険組合立磐田病院として磐田市見付で開設して以来、今年で70周年を迎えることになりました。
これを記念して様々な催しを企画しておりますが、本記念誌発行もこの趣旨に沿ったものです。私は昭和57年9月から当院に勤務しておりますので今年で35年目となります。国府台の旧病院に着任した当時の常勤医師は15名で正規病院職員は244名でした。私が病院長に就任した平成15年には常勤医師68名、正規職員491名となり、現在では常勤医師147名、正規職員869名と、35年前には想像もできなかった規模になりました。

施設面でも大久保の地に広大な敷地を確保できたことが発展につながりました。平成10年5月の新築移転時には延床面積が約34,000㎡程だったものが、救命救急センター・周産期センター・腫瘍センターの増設により42,200㎡程となりました。これにより平成19年に地域周産期母子医療センター、平成21年に救命救急センター、平成22年に地域がん診療連携拠点病院、平成23年に地域医療支援病院に指定され、名実ともに中東遠二次医療圏に於けるマグネットホスピタルとなることができました。これも偏に皆様方の温かいご支援の賜物と感謝申し上げます。

また一方で自治体病院に勤務する職員は民間病院と比べますと病院に対する愛着・忠誠心・経営への参画意識が低いのではと懸念しておりました。そこで意識改革を行うために業務改善コンテスト・医療安全発表会・5S発表会等を実施しました。これらに多くの職員が参加することでチームワークの向上・チーム医療の実践を行うことができたと思っております。また地域医療連携室を充実させ、周辺医療機関との連携強化にも尽力してまいりました。さらに地域の皆様に対しましては、疾病に対する理解や健康管理の啓蒙を目的とし市民公開講座等を開催しております。今後共“自治体病院の使命は地域住民の皆様方に安心・安全で質の高い医療を提供することである”という強い思いを持ち職員一丸となって鋭意努力していく所存ですので、皆様方のご理解とご支援を宜しくお願い申し上げます。


磐田市立総合病院病院長 鈴木昌八
磐田市立総合病院
病院長
鈴木昌八

新たなステージに向かって

当院のルーツ、国民健康保険組合立磐田病院が開設されてから70周年を迎えました。 昭和21年5月という戦後の混乱期に誕生した病院組織が地域と時代のニーズに応えながら現在の姿にまで発展できたのは、歴代病院長をはじめとする職員の方々のご尽力の賜と深く感謝いたします。また、住民の皆様、近隣の医療機関と地元医師会の甚大なるご支援にも改めてお礼申し上げます。

平成10年に新築移転を記念して「50年のあゆみ」が刊行され、新病院への期待が書き綴られています。医療が高度に複雑化する中、多職種協働のチーム医療や地域完結型医療を推進しながら中東遠医療圏の中核病院に相応しい医療機能と人的資源を兼ね備えた実力病院として評価されるまでに成長して参りました。平成19年から取り入れた5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)活動は病院の文化として根付き、海外からも視察団が訪れ、「5Sの磐田」で全国的に知られています。

私自身は当時の北村宏病院長(現磐田市病院事業管理者)の地域医療への思いと病院運営の考えに共感し、平成20年4月に浜松医科大学第2外科から副病院長として赴任しました。赴任早々、外科チームの入替に苦慮したのを覚えています。一肝胆膵外科医としてはがん手術を安全に施行し、良い成績を出すことが患者満足度を上げ、地域がん診療連携拠点病院の指定にも貢献できるものと信じて長時間の複雑な手術を行って参りました。平成22年4月には念願の地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、平成24年4月からは病院長として病院運営に携わっています。

今、日本は世界に類を見ない少子超高齢社会に直面し、医療は大転換期に差し掛かっています。社会保障の財源と効率化の面から地域医療構想の策定が始まっており、治療を終えた患者様を住み慣れた地域でのケアに円滑に移行させる体制づくりも役儀と考えています。さらに健康や予防医学への関心を高めるための啓発活動の必要性も強く感じています。厳しい環境の中、磐田市立総合病院の職員としての矜持を堅持し、新たなステージに向かって進んでいく所存です。関係の皆様には変わらぬご支援とご厚情を賜りますようお願い申し上げます。