Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

開設70周年記念事業

ロゴマークと記念ポスターの作成

70周年記念のロゴや記念ポスターを作成しました。

  • ロゴ
  • ポスター

ホームページ特設サイトの立上げ

70周年を記念し特設サイトを立ち上げました。記念事業やこれまでの当院のあゆみなどを掲載しています。

  • 記念サイト
  • 特設サイト

高校生を対象とした院内見学会の開催 8月22日(月)・23日(火)

少子高齢化が進み、医療技術系の人材確保がますます難しくなることが予想され、見学会を通して医療に興味をもち、将来の進学、職業選択の参考になればと8月に2日間開催しました。

2日間合わせて25人の高校生が参加し、グループに分かれて薬剤師や診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士などから説明を受けて、医療現場を支える業務に理解を深めてもらえました。

  • 見学会

ヤマハ発動機ジュビロ監督 清宮克幸氏の講演

職員等を対象に記念講演会を予定しています。

記念植樹 5月21日(土)

友好都市 駒ヶ根市から節目を記念に市木「赤松」を贈呈され、記念植樹を行いました。

赤松は樹齢30年、高さ2mほどで、病院関係者出席の下、磐田市長・駒ヶ根市長・病院事業管理者・病院長が病院正面玄関前に植樹を行いました。

  • 記念植樹

出前健康講座の開催

病気の予防を含め、種々の病気に関する情報や医療の現況・情報について、住民にわかりやすく紹介するとともに、健診受診や再検受診の重要性を伝えることを目的に、市民公開講座とともに開始しました。講座は①さまざまな医療に関すること②生活習慣病に関すること③がんに関すること④脳卒中に関すること⑤心筋梗塞に関すること⑥肺炎に関すること⑦腰痛・ひざ痛などに関すること⑧認知症に関すること⑨食事・食生活に関することなどをテーマにしています。

  • 出前健康講座の開催

全国自治体病院経営都市議会協議会 会長・監事・相談役会議の開催 10月18日(火)

10月18日(火)に当院において開催されました。同協議会は本市議会議長が会長を務め、自治体病院経営都市の議長が連絡、協調することにより病院経営の健全化、発展を図るもので、会議後には、当院の視察を行いました。外来東館の放射線治療、化学療法、がん相談支援センターと、周産期母子医療センターのNICU・GCU病棟などを視察し、担当者から説明を受けました。

  • 相談役会

クリスマスコンサートの開催 12月21日(水)

「入院患者様の療養生活に潤いと変化を提供したい」という願いから、毎年、クリスマスコンサートを開催しています。コンサートは、「患者様に元気になっていただけるなら是非参加したい」という有志職員が出演し、クリスマスメドレーなどの歌や演奏、演技などのパフォーマンスにより盛り上げ、多くの患者様に楽しんでいただいています。
本年は、12月21日に開設70周年記念事業として有志職員のほか大道芸人にも出演いただき、盛大に開催いたします。

  • クリスマスコンサート

やさしい健康教室の開催

病気の知識や予防方法を学び、健康の維持・増進への関心が高まり、住民の皆さんが健康的な日々を送れるよう、病院スタッフが講師となってやさしい健康教室を毎月開催しています。 どなたでも参加でき、参加費は無料。

道しるべ(磐田市立総合病院だより)の発行

当院の取組みや医療トピックス等を病院だより「道しるべ」を発行しています。

年間2回発行予定ですが、本年7月に発行したvol.64では、熊本地震救護班に派遣された当院の医療スタッフの活動を紹介しました。

  • 道しるべ(磐田市立総合病院だより)の発行

地域医療支援室だよりの発行

地域の中核病院として地域完結型医療供給体制構築のため、地域医療支援室が中心となり地域医療機関との連携に努めています。その一環として、地域医療支援室では毎月、医療機関や施設向けの「地域医療支援室だより」を発行して情報発信しています。

診療のご案内(冊子)の発行

当院と地域の医療機関が連携、協力できるように、当院の各診療科の取り組みや診療実績など診療体制を掲載した「診療のご案内(2016年度)」を毎年発行しています。本年も7月に発行し各医療機関に配布しました。

中東遠透析災害ネットワークの構築

地域医療貢献に向けた施策として地域医療連携の協力体制を確立するため、中東遠地区透析関連医療機関のネットワークをより密に行っています。3か月ごとに協議を重ね、近隣施設との防災対策の連携を深めています。

  • 中東遠透析災害ネットワークの構築

在宅医療連携勉強会の開催

地域医療支援病院として指定を受ける当院では、地域の多職種従事者を対象に在宅医療連携勉強会を年3回開催しています。

市民公開講座の開催

病院の専門性を生かした様々な医療に関する情報について、市民に関心、興味を持ってもらい、自身やご家族などの病気予防や健康増進に役立ててもらうため、平成24年度から市民公開講座を開催しており、今年度は例年の2回に加えて、記念事業として7月に、膵がんをテーマにした講演会やパネルディスカッションを開催しました。

4月23日(土)(例年どおりの開催)※例年、4月はがんをテーマにした講演会

  • テーマ:知っておこう!肺がんの最近の治療について
  • 講演1:「肺がんの診断と内科的治療について」/ 妹川史朗 第1医療部長兼呼吸器内科部長
  • 講演2:「肺がんの手術について」 / 松下晃三 呼吸器外科部長
  • 講演3:「肺がんの放射線治療について」 / 今井美智子 放射線治療センター長兼放射線治療科部長

7月9日(土)

  • テーマ:伝えたい!知ってほしい!膵がんのお話
  • 講演1:「膵がんについて知ろう」 / 齋田康彦 副病院長兼消化器内科部長
  • 講演2:「膵がんを切る」 /  落合秀人 第2医療部長兼呼吸器内科部長
  • 特別講演:「膵がんの化学治療で悩まないために」/ 三嶋秀行 愛知医科大学病院 臨床腫瘍センター教授
  • パネルディスカッション:パネリスト講演 NPO法人パンキャンジャパン静岡アフェリエイト支部長 石森恵美

9月24日(土)

  • テーマ:新しいいのちを産み育てる −知っておきたい周産期医療の話−
  • 講演1:「妊娠・分娩のふしぎ」 / 徳永直樹 第2医療部副部長兼産婦人科部長兼周産期母子医療センター長
  • 講演2:「ママとベビーによりそって −助産師のホントの仕事−」 / 森 淑江 助産師
  • 講演3:「NICUってどんなとこ?−赤ちゃんの一日−」 / 瀬川明子 助産師
  • 講演4:「生まれてくれてありがとう」 / 白井眞美 第1医療部副部長兼小児科部長兼周産期母子医療副センター長